交通事故に関する業務について

1) 交通事故に関する業務について

 当事務所の弁護士池田克大は、弁護士資格取得直後から、交通事故被害者の被害回復に尽力してきました。ここでは、当事務所における交通事故被害に関する業務内容をご紹介いたします。なお、以下の記事につきましても、併せてご覧いただければ幸いです。また、特設サイトも設けております。

<関連記事一覧>

交通事故の被害に遭われた方・ 交通事故における3つの基準

・ 損害賠償を受領するまでの流れ

・ 後遺障害等級を獲得するために

交通事故無料相談サイト

 

2) 交通事故の被害に遭われた方へ

 ある日突然、事故に巻き込まれ、途方に暮れているのではないでしょうか。

 事故によって、身体の自由を奪われ、通院のため仕事や家事も休まざるを得ない。

 いろんな人に迷惑をかけてしまう。時には、保険会社の担当者から、あなたが悪いように言われ、早く治療を止めろと迫られているかもしれません。

 そんなとき、私たちは、あなたの力になります。

 ここでは、まず、弁護士費用特約(弁護士保険)についてご紹介した上で、あなたが適切な賠償を受領するためにすべきことを簡単に書きたいと思います。

 

3) 弁護士費用特約のご紹介

 まず、あなた若しくはあなたの大切な家族が、交通事故に遭った場合には、直ぐに、あなたの加入している保険会社に電話をして、「弁護士費用特約」という保険に加入していないかどうか、確認してください。

 

 弁護士費用特約とは、交通事故等の被害に遭った場合に、弁護士に相談し、事件の解決を依頼するための費用(いわゆる弁護士費用)を賄うための保険です。

 要は、毎月保険料を支払っていれば、事故に遭ったときの弁護士費用を保険会社が支払ってくれるのです。

 弁護士費用特約に加入している場合、弁護士費用が300万円を超えない限り、あなたの自己負担は一切ありませんので、弁護士費用特約を使わないという選択肢はありません。

 保険会社の発言に惑わされず、積極的に弁護士に相談してください。

 

 なお、弁護士費用特約は保険会社によって適用範囲が様々です。

 あなたの家族が事故に遭った場合でも、あなたが弁護士費用特約に加入していれば、弁護士費用特約を使えるかもしれません。

 また、弁護士費用特約は、自動車保険以外の各種保険に付帯している場合もありますので、確認するときは、全ての保険会社に連絡を取っていただくのが望ましいといえます。
 
 以上のように、交通事故に遭った場合には、直ぐに、あなたの保険会社に連絡を取って、弁護士費用特約に加入していないか問い合わせてください。

 

 次に、あなたが弁護士費用特約に加入している場合は、相談・依頼する弁護士を決める必要があります。

 あなたは、保険会社に弁護士の紹介を依頼することも出来ますが、必ずしも、交通事故に精通した弁護士を紹介してくれるわけではありません。

 したがって、ご自身で弁護士を探し、指名されるのが賢明です。

 当事務所は、死亡事案等の重大案件はもとより、ムチウチや頚椎捻挫などの比較的軽微な事案も積極的に受任しており、後遺障害等級の獲得実績も多数あります。

 加えて、交通事故のご相談については、相談料を無料とさせていただいております。

 お知り合いに弁護士がいないという場合には、お気軽にお電話ください。

 

4) あなたが適切な賠償を受領するためにすべきこと

① 3つの賠償基準があることを知る

 まずは、前提知識として、「交通事故の賠償基準には3つの基準がある」ということを知ってください。

 別のページで詳しく書きますが、交通事故の損害賠償の基準には、自賠責基準、任意保険基準、裁判基準の3つがあります。

 そして、裁判基準に基づいて算定した賠償額が最も高額です。

 ただ、あなたがご自身で交渉された場合に、裁判基準に基づく賠償金を獲得することは困難です。裁判基準に基づく賠償金を獲得するためには、弁護士に依頼することが必須になります。

 

② 適切な治療を受ける

 二点目としては、「事故直後から、交通事故被害に精通した整形外科医の元で、適切な治療を受けること」です。

 この点は、非常に重要です。お伝えすべきことがたくさんありますので、詳しくは別のページで書きます。

 概要を列挙すると、

①事故後体調に異変を感じてから通院するのではなく、事故直後(遅くとも事故の翌日)から通院を開始すること、

②交通事故被害に精通した医師の下で治療を受けること(場合によっては転院も視野に入れる)、

③整形外科医による治療を主軸とし、整体院や鍼灸整骨院等での施術は補助的なものと理解すること、

④自覚症状を漏れなく伝えた上で、適切な頻度で十分な期間治療を受けること、

 以上の4点が大切になります。

 

③ 早期に弁護士に相談する

 そして、あなたが適切な賠償を受領するために最も重要なことは、「一刻も早く弁護士に相談すること」です。

 これまで、多くの交通事故被害者の方からご依頼を受け、保険会社と訴訟や示談交渉を行ってきましたが、この点が最も重要であると断言できます。

 早期に相談いただければ、二点目に書いたことを、より正確に、またより詳しく理解していただけます。

 保険会社とのやり取りは全て私たちが行いますので、保険会社の心無い言葉に辛い思いをすることなく、治療や仕事、家事育児に専念できます。

 そして、治療終了時になすべき検査や、後遺障害診断書に記載すべき内容をお伝えすることで、適切な後遺障害等級を獲得することが出来ます。

 「治療が終わり、自分で示談交渉を始めたが、うまくいかないので、弁護士に相談してみよう。」ではなく、遅くとも、初診で一通りの検査結果が出て、医師の所見が聞けた段階で、私たちに相談してください。

 

 私たちは、あなたが交通事故によって被った無数の被害を直視し、あなたの思いに寄り添いながら、これまで培った専門的知識を駆使し、被害回復の最大化を目指すことをお約束します。

 なお、交通事故に関するより詳しい業務内容を知りたい方は,以下のリンク先をご覧ください。

交通事故無料相談サイト

 

お問い合わせ

トップへ戻る

050-5283-0397 問い合わせバナー